ウタエットがカラオケ上手になる秘密?UTAETと類似品を比較!

ウタエットアイキャッチ生活
広告

ウタエット(UTAET)のような消音グッズはいくつかありますが、どうしてウタエット(UTAET) がカラオケ上達に適しているのでしょうか?

似たような商品と比較してみると、やはりその秘密はウタエット(UTAET)のある機能にあることが分かりました。

広告

ウタエット(UTAET)の類似品「サケボード」との比較

サケボードのアピール画像

今回ウタエット(UTAET)と比較したのは、同じメーカー「プロイデア」が開発している消音グッズの「サケボード」です。

消音グッズには電子式やボックス型など色々ありますが、ウタエットと似たような構造、価格であることから「サケボード」と比較してみました。

ちなみに同社では他にも「叫びの壺」という消音グッズも開発しています。何かメーカーとして消音グッズにこだわりがあるのかもしれませんね。

「ウタエット」と「サケボード」の比較一覧

イメージ
画像
アピール
ポイント
カラオケが上達する大声で叫べる
消音方式本体で口を覆う本体で口を覆う
消音効果70%減70%減
イヤホン左耳用が付属なし
価格4,378円前後4,053円前後

商品のアピールポイント

商品アピールポイントは両者で違いがみられます。

ウタエットは消音効果はもちろんのこと、カラオケの上達やボイストレーニングとして使用できることを前面にアピールしています。

対してサケボードは少しだけ歌の練習になることに触れていますが、メインは消音効果で大声で叫べることをアピールしています。

商品の消音方式

消音方式はどちらも本体で口を覆って音漏れを小さくしてくれます。とてもシンプルな使い方なのでお手軽で良いですね。

商品の消音効果

消音効果もどちらも同じで70%音を小さくすることができます。70%減でどれくらい小さくなるかは実際に動画を見てみるとよくわかります。

サケボードの動画で消音効果が分かりやすいものが見つかりませんでしたが、ウタエットの動画では消音効果の有無が良く分かる動画があります。ウタエットも同じ70%の消音効果なので参考になると思います。
ウタエットの動画は別記事の「UTAET(ウタエット)の口コミを徹底調査!効果はあるの!?」の下の方にリンクを張っています。

商品付属イヤホンの有無

これは両者で最も大きな違いと言えそうです。

ウタエットにだけイヤホン一つ付属しています。しかも音楽やカラオケを聞くためのイヤホンではなく、自分の声を聞くためのイヤホンです。

ウタエットがカラオケ練習に適している理由はこのあたりに秘密があるような気がしますね。

商品の価格

あまり大差は無いようです。

大きさも仕組みも似てるし、消音効果はどちらも70%減ということで価格も近いのかもしれません。唯一の違いであるイヤホンが付属している分、ウタエットの方が若干高いといったところでしょうか。

ウタエット(UTAET)がカラオケ上手になる秘密

カラオケ上手

カラオケが上手になるためには声帯を鍛えることが大切な要素の一つですが、声帯を鍛えるためには大きな声で歌ったり、発声練習をする必要があります。

サケボードもかなりの消音効果があるのでカラオケの上達に有効な気がしますが、どうしてウタエットほどカラオケ上達をアピールしていないのでしょうか?

逆にどうしてウタエットの方は消音効果は同じにもかかわらず大々的にカラオケ上達をアピールしているのでしょうか?

その理由はズバリ、ウタエットのイヤホンにありました。

カラオケ上手になるための2つの練習

ひとつは先に述べた大きな声で歌う練習をして声帯を鍛えること。そしてもう一つは正しい音程で歌うことです。

この「正しい音程で歌う」というのが大きな声で歌っているだけでは意外と難しいのです。

普段は自分の声を正しく聞けていない

初めてカラオケで歌ったときや録音した自分の声を聴いたときに、「あれ?私の声ってこんな感じだったの?」と違和感を感じたことはありませんか?

実は普段しゃべっている声は空気を伝わって聞こえる気導音と、頭蓋骨を伝わって聞こえる骨導音とが混ざったものが聞こえています。

そのうちの何と80%が骨導音なので本当の声を聞けていない状態です。この状態で上手く歌っているつもりだと、いわゆる音痴になってしまいます。

当然、周りの人には気道音が聞こえるわけなので、カラオケが上手になるためにはできるだけ気道音に合わせて歌う練習をすることがベストなのは言うまでもありませんよね。

ウタエットのイヤホンで気道音を聞く!

カラオケボックスにでも行って練習すれば、当然スピーカーからの大音量が気道音として聞こえるため練習には適しています。

しかし、自宅で練習する場合にはできるだけ静かにしたいから消音グッズであるウタエットを使うわけです。なのでマイクを使ってスピーカーから歌声を出すようにするのはなかなかできません。

しかし、ウタエットに付属のイヤホンを使用すれば気道音を直接聞くことができるというわけです!ウタエットではこれをリアルボイス機能としてアピールしています。

どうして左耳用のイヤホンしか付属していないの?

単に音楽を聴きながら練習しやすいように片耳しか付属していないのかと思っていたのですが、どうやら全く違う理由で片耳、しかも左用しか付属していないことが分かりました。

その理由は人間の右脳と左脳の働きの違いによるものでした。

左脳と右脳の働きの違い

左脳と右脳の働きの違い

<左脳>言語を読み書きする力、物事を分析する力、計算する力、論理的に考える力

<右脳>図形などを読み取る力、音楽などを聞き取る力、全体を見渡す力、空間認知力、直感力

“簡単”利き脳診断!2秒で診断出来ちゃいます♪あなたは左脳派??右脳派?

また右脳は芸術脳とも言われており、歌に感情を込めてたり抑揚をつけるのも右脳の方が得意だと言われています。

左耳から入った音は右脳で処理されます。ウタエットに左耳用のイヤホンしか付属していない理由は右脳で聞いた方が良いからなんです。これで腑に落ちました。

まとめ

ウタエットがカラオケ上達を売りにしているにはちゃんとした理由がありました。

単にストレス発散のために大声を出したいのであれば類似品でも良いですが、カラオケが上手になりたい、歌の練習がしたい、と思っているのであれば、やはりウタエットが適しているようです。

UTAET(ウタエット)の最安値情報はこちら!

UTAET(ウタエット)の最安値はどこ!?3大通販を比較!